自分でできる。作家のための綺麗なポートフォリオのプリント。

9月末から始まる個展で展示するラムダプリント用のターゲットプリントを時間をみつけては作っています。せっかくなのでプリント乾燥時間に自宅のプリンターでキレイにプリントする方法を簡単に書いておきます。9/21追記

(写真家向けではないです。あくまで非写真家向け)カラープロファイルやキャリブレーションなど関わって来るのですが、結構ややこしいので理屈はバッサリ省きます。あくまで「理屈はよく分からないが自分で今よりはキレイにプリントできる」を目指します。

はじめに

前提として写真の色は正しく表現されたデータであることとします。自分で色の調整などせずに済むもの。データに忠実にプリントすることを目標とします。自分で正確に調整しようとすると下記のようなキャリブレーションがとれるモニターとセンサーなど必要になります。photoshopを使っての方法を説明します。

EIZO coloredge
http://www.eizo.co.jp/products/ce/index.html
i1 センサー

http://www.xrite.co.jp/products/i1.html

色に関する設定 カラープロファイルとは

画像データには共通の色の物差しとなるカラープロファイルが埋め込まれています。プロファイルがないものは問題がありますのでカラープロファイルをphotoahopなどで破棄しないで下さい。
色々なプロファイルがあるのですがよく使うものに「sRGB」と「adobe RGB」があります。ざっくり説明すると「adobe RGB」は色域が「sRGB」比べて広く印刷にするときや、もしくは写真作品としてプリントするときに使用します。「sRGB」は「adobe RGB」に比べて再現できる色域が狭いですが汎用性に優れています。webサイトは「sRGB」の色域しか再現できないので「sRGB」で問題ありません。(撮影依頼して受け取ったデータをwebサイトにアップロードした時、色が大きく変わる場合はプロファイルが影響しているかもしれません。「adobe RGB」では表現されてた色が狭い色空間の「sRGB」に押し込まれますので明るい緑とか青がくすむことがあります。その場合は撮影者に相談してみてください。自分で調整しない方が良い場合が多いです。)
「adobe RGB」は対応しているモニターでないと正確に表示されないの気をつけてください。

プロファイル説明

photoshopでは左下の赤で囲まれたところにプロファイルが表示されます。

Photoshop カラー設定

始める前にphotoshopカラー設定を確認してください。「編集」から「カラー設定」へと進みます。カラーマネジメントポリシーのRGBのところが「埋め込まれたプロファイルを保持」になっていることを確認します。

Photoshop カラー設定

Photoshop カラー設定

ここの部分が下の画像のように「作業用RGBに変換」なっているとphotoshopが勝手にプロファイルを変換してしまいます。一度確認しておいてください。

Photoshop カラー設定

これはダメ。ゼッタイ

 プリント設定

photoshopの「ファイル」から「プリント」を選びます。

photoshop プリント設定

プリント設定

赤で囲まれている部分のカラー処理を「Photoshopによるカラー管理」を選び、プリンタープロファイルをプリントする紙に合わせます。マッチング方法は「相対的な色域を維持」にします。ここ大事です。「知覚的」は基本的には駄目です。「知覚的」をおすすめされることもあるかと思いますが、ここは「相対的」です。理屈を説明すると長くなるのでここでは省略しますが。
青で囲まれた「プリント設定」をクリックします。epsonのプリンターの場合下のような画面になります。プリンターで色を調整しないように設定します。
カラー調整が「オフ」になっていることを確認します。

スクリーンショット-2016-08-26-17.41.37

プリンタープロファイルはメーカーごとに用意されているものもありますので下記にリンク載せておきます。

ピクトリコ
http://www.pictorico.co.jp/system/contents/1404/

エプソン

http://www.epson.jp/products/printer/inkjet/colorio/printtechnic/icc.htm

キャノン

http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/inkjetmfp/35841-1.html

ハーネミューレ

http://www.hahnemuhle-jetgraph.jp/support/icc_profile.html

ポートフォリオにおすすめの紙は

ポートフォリオにおすすめの紙は「ピクトリコプルーフ グロスDCP6」です。
本来はコート紙の印刷見本用の用紙です。最高級の紙というわけではないですがポートフォリオのファイルに入れるには必要十分だと思います。そしてなにより薄くて軽いです。枚数が多くなってもポートフォリオ重くなりにくいです。(最高級を求めるとハーネミューレではないかと。非常に価格が高いので写真を専門でやっていいなければそこまでの紙は必要ないと思います。そして重い。)
ピクトリコプルーフ グロスDCP6はプロファイルも用意されているのですがメーカーのプロファイルを使うと若干シアンぽく印刷される傾向があります。気になるのでプロファイル作ったので、条件が合う必要な人は下からダウンロードしてください。プリンターが違うと使えません。多分OSもmacじゃないとダメだと思います。
プリンター epson px-5002
OS  MAC OS 10.11
ピクトリコプルーフ グロスDCP6 プリンタープロファイル 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です